デコができるまで その3 下絵を描く


ラフデザイン→図案ときて、次は下絵です。
下絵はPCで作図してラミシートに出力して貼るという方法と、手書きで描く方法があります。私は手書き派。

手書きの場合も、シートに下絵を描いてそれを貼る方法もあるし、直接描いてしまう方法もあります。今回は直接描きました。

RES02111

左上のレース模様のやつは、図案の線を画用紙に写してそれを切り取って型を作ってスカラッの線を引きました。フリーハンドだと均一にできないので。
あとは、図案を見ながらフリーハンドで直描き。
油性のマジックでもいいけど、アクリル絵具をつかうと色が自由に作れるのでおススメです。アクリル絵の具を使うときは、表面をエタノールで拭いて油分がついていない状態にしてから描きます。油分があると絵具をはじいてしまうのでこの一手間は大事。



RES02109
絵の具が乾いたらニスを塗っておきます。
ニスを塗ることで、ストーンがはがれた時に絵の具も一緒にはがれてしまうことがおきにくくなります。表面に光沢もでるので小さい隙間があいてもキラキラ感がカバーしてくれる効果もあります。

ニスが乾いたらいよいよストーンを貼っていきます。
それはまた次回に。

スポンサードリンク

この記事を読んで当ブログを気にいってもらえたら、RSSリーダーやはてブなどに登録して、ぜひまた遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">