セルフジェルネイルの添削が戻ってきました&受講期間終了


このまえ提出したセルフジェルネイル講座の添削が戻ってきました。
そして昨日(1月18日)をもって受講期間が終了しました。
半年間の受講期間があったんだけど、半年なんてあっという間ですね。

ROT02488

提出したのはピーコック。実物はもうちょっとはっきりした色と柄なんですけど、それでも全体にぼやけたというかメリハリのないデザインになってしまいました。淡い色のネイルが好きなんだけど、色使いが難しいですね。
その辺のことも含めてコメントを書いたんですけど、すごくわかりやすく丁寧な添削が戻ってきました。受講中は質問は無料でできるので、やりずらかったり、ここはどうやったらうまくいくんだろう?っていう疑問はどんどん質問した方が得です。

戻ってきた添削の一部を紹介しますね。
セルフジェルネイルしてる人は参考になる部分があるかも。

「縦に伸びるラインがはっきりされなかった」とのことでございますが、要因といたしましては、柄に使用いたしますカラージェルが少ないことのようです。
ピーコック柄の特徴でもある、線をはっきりさせるためには
柄に使用しますカラージェルを気持ちもう少し多めに使用してラインを引いてみてください。

爪が短くて面積が狭いので細めにラインをいれたんですけど、それでカラージェルの量が少なくなって縦に伸びるラインがうまく出なかったようです。私は縦に流す筆使いが悪いのかとおもっていたけど全然違いました。次は多めにジェルをつかってみよう。


その他ピーコック柄を描きやすくするポイントといたしましては、柄に使用しますカラージェル同士の間隔もポイントです。
柄のカラージェル同士の間隔を隙間なくぴったりとくっつけて描くピーコック柄もありますが、この場合は、カラージェル同士が混ざらないうちに、ピーコック柄の線を引き、硬化させなければならない為、手早さが要求されます。
なので、柄のカラージェル同士が混ざらないよう、カラージェルの間隔にベースのカラーが少し見えるぐらいの隙間を空け
ラインを引き、ピーコック柄の線を入れる方が、滲まず綺麗なピーコック柄に仕上がるポイントになります。

確かに今回、滲んでます。間のラインはシルバーのラメをクリアジェルにまぜて作りました。なのでカラージェル同士の間はあいているんだけど、ピーコックの縦のラインをひく筆にラメがついてまとめて下に流れるというかんじで滲んでしまいました。キラキラ感をプラスしたいときはパール系のカラージェルを使うほうが初心者は失敗がないのかもしれません。

 

 

「利き腕でない方でネイルアートを上手に描くコツ」ですが…
利き腕でない手は、筆に込める力加減や、筆の角度など、利き手に比べ自由がきかず、難しいですよね。
左右どちらの手もふらついていますと、描きにくいので、まずはアートを描きたい方の、利き腕の手を机の上に乗せる、または机に肘をつけて固定し、更に、利き腕でない方の肘も机につけて、なるべく安定するよう、支えを作ってあげると描きやすくなります。
そして一番は、練習を重ねるごとに、ご自分の描きやすい手の角度を覚え、手首の動き、指先の動きがなめらかになってきますので、練習を頑張ってくださいね!

左手の肘を机に固定して安定させる。そうかー。
アートを描く右手は机にのせていたけど、左手はフリーな状態で右手で描くときと同じようにしていました。たしかに肘をついておけばフラフラとぶれにくくなりますよね。
そしてやはり練習ですね。1回ジェルネイルすると2週間はそのままなので、練習を重ねるっていうのも難しいんだけどセルフジェルネイルはこれからも続けるので、その中でもっと上手になるようがんばろう!

 

私が受講したセルフジェルネイル講座は受講期間終了後も講義動画の閲覧と学習が可能な「あんしん特典」対象講座です 。試しにログインしたら「受講期間は終了していますが、閲覧は可能です。」のメッセージがでて、講座の動画はちゃんとみられました。
やりたいときにまた見直すことができるのは嬉しいですね。

セルフジェル講座のよかったところ

  • 動画なので本よりも分かりやすい
  • 講座の内容はPDFのテキスト版をダウンロードできる。プリントアウトしておくとセルフジェルネイルしながら確認しやすい
  • 添削や質問は丁寧に詳しく答えてくれる。プロならではアドバイスももらえる

セルフジェル講座のイマイチだったところ

  • 道具つきコースでも講座で使うのも全てがそろっているわけではない
  • 受講動画のレクチャーはセルフではない(ネイリストが他の人の手にネイル)

道具は充実していたし、ジェルネイルでアクリル絵の具を使って模様を描くことがあるっていうのは知らなかったし(全てカラージェルだと思っていた)、受講して損した感はありません。ただ、添削がないコースで質問もせずに終わってしまうと損しちゃうかな、と思います。
至れりつくせりのフォローがあるわけではないので、自分で上手く受講特典を活用しないと受講のメリットを受けにくくなるかんじかな。質問は絶対したほうがいいですよ。ほんとちゃんと回答してくれるんで。

とりあえず、受講完了して一安心です。(^^)

受講したのは→松下美智子のジェルネイルアート
ヒューマンアカデミーとコラボしたもう少し本格的なコースも開講したようです。 
>>セルフネイルコース
>>ジェルネイルコース

スポンサードリンク

この記事を読んで当ブログを気にいってもらえたら、RSSリーダーやはてブなどに登録して、ぜひまた遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">