セルフジェルネイル講座の実技を開始しました


ようやくセルフジェルネイル講座の課題に着手。
逆フレンチのドット柄にチャレンジしました。

RES01840
ドットの大きさがそろわなくてバランスもイマイチ。。。。
オンラインで見るお手本では、すごく簡単そうなんだけどそれはプロだからで、自分でやるとそうはいきませんね。もっと練習しなきゃ。
でも10本の指分やるとドットをつけるときのジェルの量とか、なんとなく加減がわかってきたんで次はもう少しうまく出来るはず。

 

RES01839
私は道具つきの講座にしたんで、これだけのアイテムが揃っています。
今回のドットを作るための道具もこの中に入っていました。

でも、がくぶんの講座とは違って講座で使う材料が全てセットになっているわけではありません。ストーンを使ったデコレートもあるけど、ストーンやブリオンは自分で買わないといけません。

カラージェルは、カラーパウダーがセットにはいっているんでそれをベースジェルにとけば作れます。そのためのコンテナもはいっていました。
でも色の作り方の説明はないのでパウダーの量とかどうするのかよくわからなくて、今回は前に買ったカラージェルを使いました。

 

講座をスムーズに受けられるように道具つきにしたけど、自己調達しないとダメなのは残念。もうちょっとよく調べればよかったなぁ。

でも、ジェルの品質もいいし、筆もサイズ違いで揃ったし、なによりライトがタイマーつきですごく使いやすい。もし何も道具がないんだとしたら、このセットはあって損はないです。

私はお手頃価格のLEDライトつきスターターセットを買ってもってるんだけど、固まり具合とか違うんですよね~。ジェルをきれいに塗る技術もそうだけど、ライトとか筆とかそもそものジェルの質とか、そういうところでも差がでるんで、初心者ほどある程度きちんとしたものを買った方が失敗がすくないと思います。

せっかくジェルネイルしたんで、次にやるのは爪が伸びて根元に隙間ができたり、はがれてきたときかな。そう考えるとチャキチャキ進めるってわけにもいかないですね。
受講期限内に添削を受けるレベルのが作れるんだろうか。。。

今回のネイルがきれいな間は他のデザインの講座を見て、イメトレしま~す!


今回はここで受講中→N-Academy

がくぶんにもジェルネイルの講座があります→通信教育の「がくぶん総合教育センター」

どっちも一長一短があるんで、あとから後悔しないように下調べはしっかりと!
N-AcademyN-Academyは事前に無料視聴できるんでこれはやっておくのがおススメ。
がくぶんは無料の資料請求をして詳しい資料で検討するのがベター。

N-Academyのセルフジェルネイル講座はセルフってついてる通り自分で楽しむための講座で、もっと本格的にプロを目指すっていう場合は合わないかもなぁって思います。

でも指先が華やかだと気分も明るくなりますね。
へたくそだけど逆フレンチのドット柄は気にいってます。(^^)

スポンサードリンク

この記事を読んで当ブログを気にいってもらえたら、RSSリーダーやはてブなどに登録して、ぜひまた遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">