やってみよう!始めてみよう!生きがい創り


「いろんなことやってて、えらいよね~」
「私なんて何にもできないから、羨ましいわ~」

私が知り合いからたまに言われる言葉です。
確かにいろんなことやってますけど・・・・・、多すぎるくらいに・・・。

RES08724 RES07740
RES08596 RES08089

でも、簡単にできてるわけではありません。
それなりの代償を払って、時間のやりくりをして、努力もしてます。

えらいわけでもなく、やらないとできるようにならないからやってるだけ。
最初からできたら、習い事なんてしませんから。(^_^;)

キツイ言い方になるけど「私なんて何にもできない」ではなく、「できるようになるためのアプローチを何もしてない」だと思います。
自分に向いてるものが簡単に見つかるわけでもなくて、私もやってみたけど続かなかったものがいくつもあります。
そうやって模索しながら「私にはコレだ!」っていうのを発掘中。

「迷ったらやってみる!」
これが私の信条の一つ。
始めの1歩をふみださないと、その後の先もないですからね。

費用もかかるし、時間もかかる。
子持ち主婦だと自分の時間を作るのも大変・・・・・。
やろうと思ってもなかなかできないっていうのも、すごくわかります。
私自身、子どもが3人いて幼児期は自分のことどころじゃなかったですもん。

幼稚園や小学校に行く年代になってようやく自分の為に時間を使えるようになりました。
子どもは成長すると親の手を離れていきます。
いづれ巣立っていくわけで、親もすこしづつ子離れをしないとね。
習い事や趣味はその為の準備でもあるんです。

私の母(同居中)は、子離れのできない親なんです。
母親であることしかやることがない人。
「親が子どもの為にしてやることの何が悪いのよっ」ってよくキレてますが、子どもとはいえ成人した娘の靴が古くなってきたからと勝手に買い換えるような行為は過干渉でしかありません。

母には本当に困ってるんで・・・・
私は、子どもに対して何かすること以外できない親にだけはなるまいと心に決めています。
そのためには、母親として以外の生きがいが必要。
趣味をつうじて広がる、人とのつながりや、社会との繋がりは子どもが成人したあとも続きますからね。

ちょっと無理してでも、いろんなことをやっておくのって大事だと思います。
親が自立して生き生きとしてないと、子どもは親の人生を背負い込まなきゃいけなくなりますから・・・・。
自分のためにも、家族のためにも、生きがい探しはやっておくのがおススメです。

【ただいま私が受講中の習い事は2つ】

がくぶん総合教育センター

スポンサードリンク

この記事を読んで当ブログを気にいってもらえたら、RSSリーダーやはてブなどに登録して、ぜひまた遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">