「在宅仕事」っていうカテゴリーをつくってみました


私は自宅で仕事をしています。
開業届けを提出して、個人で仕事をしている個人事業主です。

こんな風に書くとすごそうなんだけど、たまたまそうなっただけなんですよ。
特別な経歴があるわけでもない、ごくごく普通の子持ち主婦。
なので、誰でもなれると思うんですよね。

家で仕事をしたいって思ってるいる人が多そうなので、「在宅仕事」っていうカテゴリーを作りました。
今やっている仕事のことや、趣味から仕事に格上げしたいと思っているデコのことなども、書いていこうかなーと思っています。


dirty kitchen stovedirty kitchen stove / epSos.de
カッコよさとは無縁で、家事の合間に台所のテーブルで作業していることもよくある。



今日のところは私の簡単なプロフィールを。
これといったこともない経歴だけど、こんな経歴でも自営できるよってことで。

【基本スペック】
1968年生まれ 3歳下の妹と二人姉妹
親戚がまわりにうじゃうじゃいる小田舎で生まれ育つ。
家庭環境は良いとはいえないヘビーな状況でいろいろありつつも、友人や周りの大人がいい人で、まぁなんとか公序良俗に大きく反することなく成長。

【職歴】
高校を卒業し地元のメーカーに就職。総務部で給与や退職金関係を担当。
自己都合で退職。
地元の中小企業に就職。商品開発部で庶務を担当。
ダンナと職場結婚し退職。
会計事務所でパート勤務。妊娠し退職。
学生時代はスーパー、ファミレス、アパレルショップなどでバイト。

【結婚後】
なかなか子どもを授からず4年ほど共稼ぎしつつ夫婦で旅行にいったり自由な生活。
いっとき不妊治療したけどダメで諦めたころに妊娠し出産。
不妊が嘘のように子宝に恵まれ、あれよあれよという間に3児の母に。
H9年・H11年・H13年生まれの3兄弟。
怒涛の子育てを過ごし、三男が幼稚園に入園してやっと一息つけるように。

【在宅仕事】
息子たちが小さい頃は家で昔ながらの手内職。(ペットボトルのおまけの袋詰めなど)
ペットを飼い始め内職ができなくなる。
ブログを使った内職に変更。(告知記事で100円とか、当時流行っていた)
アフィリエイトを始める。
SOHOという働き方を知り、求人サイト経由で未経験なのに応募し採用される。

【現在の仕事】
WEB制作会社と契約し商品コピー制作を受注。
ネットショップのデータ登録。(不定期)
アフィリエイト。

【資格】
商業高校出身で簿記3級、珠算2級を取得。
がくぶんのデコアーティスト養成講座を受講し2級取得。
検定試験に1回おちたあと2回目のチャレンジで1級に合格。
がくぶんのスイーツデコ講座をうけ「スイーツデコアーティスト」認定。
色彩検定3級を受験。(結果待ち)


Penelope TrunkPenelope Trunk / DrStarbuck

OL時代はバリバリのビジネスウーマンだった!
なーんてことはまったくありません。

ボーナスをつぎ込んで冬はスキー、夏はテニスやバーベキュー。
定時であがって、退社後はビリヤード、ボーリング、飲み会、みたいな。
ちょどバブル時代でしたしねー。
女は腰かけで寿退社というような風潮でしたし、キャリアを積むという意識もないお気楽な会社員生活を送っていました。
今思うと、ここでちゃんとスキルを得ておくべきだったんですよねぇ。

スキルも技能もないけど、度胸とチャレンジ精神はもっていたのがよかったのかも。
「とりあえずやってみてから考えよう」という軽いノリもプラスに働いてくれました。
やってみるとなんとかなるもんなんですよ。

とはいえ、自営は自己責任の部分が大きいので、追いつめられることもしばしばあります。
いいところも、大変なこともある在宅仕事。
だけど、家でできるっていうのは主婦にとってはメリットも多いかな。

比較的情報を出しやすいアフィリエイトのことが中心になるかなーと思うんだけど、あれやコレやと今後書いていきますので、興味のある方はお付き合いくださいませ。

ちなみにアフィリエイトを活用してこんなサイトを運営してます。
退職プレゼント.com


スポンサードリンク

この記事を読んで当ブログを気にいってもらえたら、RSSリーダーやはてブなどに登録して、ぜひまた遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">