ヒルナンデスでデコアートのことやってましたね


2013年6月26日のヒルナンデスでデコアートが紹介されていました。
全部は見られなかったんだけど、デコで生活が楽しくなる部分がとりあげられてるのがよかったと思います。グラスをデコったことないんでやってみたいなー。

デコアートってキラキラしてて見ていて元気がでてくるところがいいんですよね。日常生活に楽しく取り入れていくっていうのは、心から賛成。

テレビに出演された方は、デコで収入も得ていてそこも素晴らしいと思います。趣味も極めれば仕事になる!
好きなことを仕事にできるっていうのは、理想ですよね。 



RES02195

私も小物をつくってネットの委託ショップにだしてるんだけど、まだ1個しか売れていません。自分の個性を出せる作品をどんどん作品をつくって作家性を高めていきたいと思うんだけど、仕事が忙しくなると作品作りがストップしちゃって。。。。
もっと頑張らないとダメですねー。

デコアーティスト検定1級に合格しているというのは私の実績であり、強みでもあります。がくぶんの通信講座を受講して練習を重ねて、技術を磨いてきているわけですからね。
それは、作品を販売する上で「お金をいただける作品を作れている」という自負というか自信にもなっています。デコを楽しむのに級も資格も必要ないけど、私は資格をとってよかったと思っています。

私はエアロビを習っているんですが、講師の先生は同年代の主婦です。カルチャーセンターの講師や私たちのような主婦エアロビサークルの講師をして収入を得ていて、彼女も好きなことを仕事にしている1人です。

デコも販売だけではなく、やりたい人に教えることも仕事になりますよね。趣味を極めて仕事にする。好きなことを仕事にするって意外とやればできることだったりもするんですよね。私もデコではないですけど、好きなことを仕事にしていて一応、個人事業主だったりしますし。
それができるかできないかは、やるかやらないかの差かなーって思います。

私が通信講座を受けた時に比べて、今はデコのスクールもいろいろあるし、資格認定をしている団体も増えています。どこを選んだとしても、資格を取ったあとにどうするか、が一番のポイントになると思います。

がくぶんは通信講座なので家でできるというのが魅力ですね。検定試験も在宅でできるので、近くにスクールがない人や、子どもが小さくて家を開けられない人には便利だと思います。
受講料は安くはないので、きちんと検討をしてから申し込むのがおススメ。
ホームページから資料請求(無料)ができます。 講座の内容はホームページにも記載されていますが、より詳しく確認できるので資料請求して確認するのがベターだと思います。

がくぶんのHPへのリンク→藤井愛弓のデコアーティスト養成講座

Webの委託販売も売れたときだけ手数料を払うシステムのところが多いし、すでに作品がある人は利用してみるといいかも。オークションより簡単です。
ちなみに私が利用しているのはここ→てづくり作品を公開・販売 Webレンタルボックスの≪minne(ミンネ)≫

スポンサードリンク

この記事を読んで当ブログを気にいってもらえたら、RSSリーダーやはてブなどに登録して、ぜひまた遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。



シェア





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">